ページの本文へ

Hitachi

日立アプライアンス株式会社

「環境配慮設計アセスメント」と「ライフサイクルアセスメント」

日立アプライアンスグループは、日立グループの一員として環境に配慮した製品を実現するために、製品の設計・開発時に開発目標の実現に伴う「環境影響の変動」と「環境側面の変化」をライフサイクルにわたり評価する「環境配慮設計アセスメント」を行っています。このアセスメントにより、製品ライフサイクルの各段階において、気候変動・資源枯渇・環境汚染(生態系劣化)に影響を与える計30の環境側面を評価して、環境に与える負荷低減を図っています。

また、IEC62430*1で規定された環境配慮設計の要件を満たすために、「環境配慮設計アセスメント」の実施のほか、環境規制や環境に関するステークホルダーニーズの把握と設計・開発への取り込みなど、設計・開発における環境配慮設計のプロセスを、ISO14001*2の認証取得した環境マネジメントシステムに組み込んでいます。

さらに、製品のライフサイクルにわたる環境負荷を定量的に評価する「ライフサイクルアセスメント(LCA)」を行い、気候変動などの地球環境への影響の主要因となる負荷も定量的に評価し、日立グループのバリューチェーンを通じた温室効果ガス排出量の算定に活用しています。

*1
国際電気標準会議(IEC:International Electrotechnical Commission)の規格「電気・電子製品の環境配慮設計」。
*2
国際標準化機構(ISO : International Organization for Standardization)の規格「環境マネジメントシステム−要求事項」。

省エネによる製品使用時のCO2排出抑制への貢献

日立アプライアンスグループは、日立グループの一員として環境に配慮した製品を開発し普及させることで環境課題の解決に貢献するため、省エネの促進などによる製品の環境性能の向上に取り組んでいます。製品の"機能向上"と"環境負荷の低減"の両立を図るため、製品の使用時におけるCO2排出量(消費電力量)について、機能あたりの削減率を指標としてその低減に取り組んでいます。具体的には、
@同一機能であれば、消費電力量を低減する。
A同一消費電力量であれば、機能の向上を図る。
という取り組みを積極的に行って、製品使用時におけるCO2排出量の削減を実現しています。

CO2排出抑制への貢献の大きい製品(冷蔵庫、洗濯機、LED照明、エコキュート)を対象に、2016年度は、製品の設計開発における環境配慮設計の推進と省エネ性能の高い製品の販売拡大により、2010年度製品を基準としてCO2排出削減率(機能量あたりの消費電力量削減率)を約21%改善しました。

CO2排出抑制への貢献の大きい4製品(冷蔵庫、洗濯機、LED照明、エコキュート)の製品使用時におけるCO2排出削減率

画像 環境管理体制

*3
評価年度製品と同等の機能量を得るために必要な台数を使用したと仮定した場合のCO2排出量。
*4
製品の主要機能の内、CO2排出と相関がある機能。

家電リサイクルへの対応

日立アプライアンスグループは、家電リサイクル法(特定家庭用機器再商品化法)への対応として、1999年に栃木事業所内に使用済み家電製品4品目*5のリサイクルを行う(株)関東エコリサイクルを設立しました。本リサイクル工場は生産工場と一体の循環型工場であり、この工場で得られた情報は、製品設計へフィードバックされ、製品をリサイクルしたときの再商品化率*6向上に生かされています。また、当社を含む同業5社*7で連携を取り、リサイクル技術の開発や、全国規模で効率的なリサイクルシステムを構築し、運営しています。

*5
ルームエアコン、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機、テレビ(ブラウン管式、液晶・プラズマ式)。
*6
製造業者等が引き取った使用済み家電製品のうち、部品および原材料として有償または無償で譲渡したものの割合を重量で評価。
*7
シャープ(株)、ソニー(株)、(株)富士通ゼネラル、三菱電機(株)、日立アプライアンス(株)の5社。

製品含有化学物質の管理

日立アプライアンスグループでは、「環境CSR 対応モノづくり規程」を制定し、製品の開発設計・調達・製造段階における含有化学物質管理を行っています。