ページの本文へ

Hitachi

日立アプライアンス株式会社

大気汚染を防止するため、日立グループで独自に定めた41種類の揮発性有機化合物(VOC*1)を対象として、大気への排出削減に取り組んでいます。具体的には、日立グループの活動に合わせて、2013年度から、VOC排出量原単位*2の改善に取り組んでいます。
2015年度は、塗料やシンナーの使用量の適正化に努めた結果、原単位を2006年度比で約13%改善することができました。

*1 VOC:
Volatile Organic Compoundsの略。揮発性を有し、大気中で気体状となる有機化合物の総称。トルエン・キシレン・エタノールなどが代表的である。
*2 VOC排出量原単位:
VOC大気排出量を活動量*3で割った値。
*3 活動量:
VOC大気排出量と密接な関係をもつ値。(例:生産高・VOC取扱量など)

画像 VOC大気排出量原単位(日本)

VOC大気排出量の推移(日本)

画像 VOC 大気排出量の推移(日本)