ページの本文へ

Hitachi

日立アプライアンス株式会社

グリーン購入法

2001年4月よりグリーン購入法(国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律)が全面施行されました。
「グリーン購入」とは、製品やサービスを購入する際、購入の必要性を十分に考慮し、価格や品質、利便性、デザインだけでなく環境のことを考え、環境への負荷ができるだけ小さいものを優先して購入することです。

この法律は、国等の機関にグリーン購入の取り組みを義務づけるとともに、地方公共団体、事業者、国民もグリーン購入に努めるべきことを定め、また、事業者、民間団体、国が環境物品に関する適切な情報提供を進めることを定めています。
対象品目については、「環境物品等の調達の推進に関する基本方針」の中で、判断基準、配慮項目が制定されています。

*
グリーン購入法の判断基準を満足する製品のすべてを網羅したものではありません。