ページの本文へ

Hitachi

企業情報環境への取り組み

再商品化料金(リサイクル料金) 2016年4月1日現在

リサイクル料金とは、ご販売店・市町村が収集し、指定引取場所まで運搬した以降の料金です。具体的には、指定引取場所の運営費用、指定引取場所からリサイクルプラントまでの運搬費用及びリサイクルプラントにおけるリサイクル費用などです。対象4品目それぞれの料金について下記のように設定いたしました。尚、再商品化等料金は1台あたりであり、全国同一料金です。

  • お客様が家電リサイクル対象製品をお買い換えになった時などに使用済の廃家電品をお引き取りする際、下記リサイクル料金をご負担いただくことになります。
  • また、下記料金とは別に、ご販売店・市町村の収集運搬料金をお支払いいただくことになります。
品目 品目・料金
区分コード
製造業者
等名コード
再商品化等
料金
(税抜き料金)
冷蔵庫・冷凍庫 全定格内容積
170L以下
31 ※1  300 3,672円
(3,400円)
全定格内容積
171L以上
32 ※1  300 4,644円
(4,300円)
洗濯機・衣類乾燥機 40 ※1  300 2,484円
(2,300円)
エアコン 10 ※2  303 972円
(900円)
ブラウン管式テレビ 15型以下 21 ※3  301 1,836円
(1,700円)
16型以上 22 ※3  301 2,916円
(2,700円)
液晶・プラズマ式テレビ 15V型以下 51 ※3  301 1,836円
(1,700円)
16V型以上 52 ※3  301 2,916円
(2,700円)

※1 日立アプライアンス(株) [製造業者等名コード:300]

旧社名
(株)日立製作所(2002年3月まで)
日立ホーム&ライフソリューション(株)(2002年4月から2006年3月まで)

Hitachi

※2 日立ジョンソンコントロールズ空調(株) [製造業者等名コード:303]

旧社名
(株)日立製作所(2002年3月まで)
日立ホーム&ライフソリューション(株)(2002年4月から2006年3月まで)
日立アプライアンス(株)(2006年4月から2015年9月まで)

Hitachi

※3 日立コンシューマ・マーケティング(株) [製造業者等名コード:301]

日立ブランドのテレビジョン受信機(ブラウン管式、液晶・プラズマ式)の再商品化等ついては、日立コンシューマ・マーケティング(株)が行います。
旧社名
(株)日立情映テック(2009年3月まで)
(株)日立製作所(2009年6月まで)
日立コンシューマエレクトロニクス(株)(2009年7月から2012年9月まで)
(株)日立リビングサプライ(2014年9月まで)

Hitachi
Hitachi Living System

  • 銘板もあわせてご確認ください。
  • (株)日立リビングサプライの冷蔵庫(小)(ワインセラー)は、指定法人(その他)がリサイクルします。