ページの本文へ

日立アプライアンス株式会社

Hitachi

電気温水器の設置状況調査のお願い

電気温水器専門委員会では、電気防食型電気温水器の安全活動を展開しておりますが、今般、約13,500の 事業所様にダイレクトメールを発信し、電気温水器の使用状況について調査を実施します。

(社団法人 日本電機工業会 電気温水器専門委員会)

電気防食型電気温水器『ホットエース(HOT ACE)』をご所有の皆様へ

電気防食型電気温水器は、防食電源とタンクに水を入れたままで、長期間使用せずにいると、タンクが破裂する 危険性があります(防食電源を使用していない温水器は対象ではありません)。
これは、電気的にタンクのさびを防ぐために水の中に電流を流す際、電気分解によって、水素ガスと酸素ガスに 分解され、ガスが、タンク上部に溜まり、長期間(3年近く経過)かけて溜まったガスが、何らかの原因で破裂事故を 引き起こすものと考えられています。
但し、温水器を使用している限りは、何ら問題はありません(湯とともに水素が放出されるため)。 防食電源[入力電圧100V(一部200V)]を入れたままで,かつ,タンク内に水を入れたままの状態で,温水器を 長期間(3年近く経過)使用しない場合が危険です。
以下に示す型番の電気温水器がございましたら、ご連絡願います。
なお、電気防食型電気温水器は、1990年(平成2年)以降製造をしておりません。現在販売されている電気温水器は 全機種のタンク材質をステンレスに変更しており、同様の問題は発生いたしません。
安心してご利用下さい。

電気防食型電気温水器型式一覧
BE-380A BE-3810-LC BE-3320-SE BE-4620-LC
BE-380Z BE-4610-LC BE-3810-DEM BE-3020-SM
BE-380N BE-4610-D BE-3810 BE-2020-S
BE-380N-S BE-4610-DE BE-3810-S BE-2020-SM
BE-380N-A BE-4610-S4H BE-3810-SH BE-2020-S2M
BE-381Z BE-4610-S5H BE-3010 BE-3820-SM
BE-381Z-S BE-4610-SE BE-3010-S BE-4620-SM
BE-460 BE-4610-S4K BE-3010-D BE-3820-SEM
BE-461 BE-4610-S5K BE-3010-DE BE-4620-SEM
BE-461-S BE-4610-SM BE-3010-SH BE-4620-SE4M
BE-461-D BE-4610-DM BE-3010-DM BES-3000
BE-381N BE-4610-SEM BE-3010-SE BE-3820-LCM
BE-381N-D BE-4610-DEM BE-3010-SM BE-3820-S
BE-381N-S BE-4610-S4 BE-3810-SE BE-3820-SE
BE-300 BE-4610-SE4 BE-3810-SM BE-3020-S
BE-300-S BE-4610-DE4 BE-2010-S BE-4620-S
BE-3000 BE-3810-D BE-2010-SM BE-4620-SE
BE-3000-S BE-3810-DE BE-3010-DEM BE-4620-SE4
BE-3800 BE-3810-DM BE-3310-S BE-4620-LCM
BE-3800-S BE-3810-SEM BE-3310-SE BE-3820-LC
BE-4610 BE-3320-LC BE-3310-LC  
BE-4610-S BE-3320-LCM BE-3320-SEM  
  • * 上記製品はすべて弊社が旧日立冷熱(株)時代に販売したものであり、旧(株)日立空調システム、日立アプライアンス(株)での販売はありません。

本件お問い合わせ先

日立電気温水器 受付センタ
電話 : 0120−88−2554 (フリーダイヤル)
FAX : 0120−35−4407 (フリーダイヤル)
*携帯電話・PHSからもご利用いただけます。