ページの本文へ

Hitachi

日立アプライアンス株式会社

オイルミストが発生する環境にも対応。メンテナンス性にも優れたてんつり型。

工場環境に合った設置形態

てんつりタイプで、床面に設置スペースが無い場合でも据え付け可能です。
吹出方式は、プレナムチャンバー(直吹)、または角ダクト接続から選択可能。
設備機器が置かれ、床置型では気流が到達できないような場所に適しています。

*1
オートスイング機能はありません。

工場環境対応のメンテナンス性&オプション

■メンテナンス性

室内ユニットを高所に設置しても、フィルターを最大2.5mまで簡単に昇降できるので、フィルターメンテナンス(交換・洗浄)は、脚立を使わずに行えます。
昇降フィルター(手動)や下面サービスパネルにより、フィルター・熱交換器・ドレンパンなどの洗浄が容易に行えます。

■オプション

オイルミストフィルター(オプション)により、工場などのオイルミスト環境に対応。
耐食性を向上する銅管・熱交換器のカチオン電着塗装、また防食仕様を準備しております。(特注対応)

■防食仕様の選定

オイルミスト濃度の高い環境では、油とドレン水により発生する蟻酸が銅管を腐食し寿命を縮める場合があります。
食品などを加工・貯蔵する場合、発生する腐食性ガス(硫黄系ガスなど)が室内ユニットを傷め、機器寿命を大幅に縮めることがあります。上記のような環境で使用する場合は、耐久性が高い防食仕様(特注対応)をご使用下さい。また、更に耐食性を上げたい場合はカチオン電着塗装仕様(特注対応)をご使用下さい。
*
防食仕様といえども腐食や発錆に対して万全ではありません。室内ユニットを設置する場所や設置後のメンテナンスに十分留意下さい。
*
室内ユニットの機器寿命を大幅に縮めることがあるため有機溶剤の雰囲気での使用はできません。
<有機溶剤環境の例>接着剤、塗料、インクなどを頻繁に使用するところ。

軽量・コンパクトな室外ユニット

サイドフロータイプの室外ユニットを採用し、設置面積の省スペース化を実現。
軽量・コンパクトなので、搬入も容易。

トップフロー室外ユニットとの比較(当社8馬力相当比)

省エネ性の向上

高効率の室外ユニットを採用。
高COP化で省エネを実現。

冷暖平均COP比較(当社比)

10馬力相当(50Hz)の場合

セルフデマンド機能搭載

電力設定値を超える範囲の消費電力をカットし、最大電力の抑制に貢献できます。電流を自己検知して自動的にデマンド制御を行うので、信号配線工事は不要です。また、従来のデマンド信号でのデマンド制御も可能なので、状況に合わせて操作を選べます。

■セルフデマンド制御

■ウェーブモード

約20分と10分間隔で、交互にデマンド制御のオンとオフを繰り返すウェーブモードを搭載。電力を確実にセーブしながら、温度変化を最小限に抑えます。

リモコンの多彩な運転制御機能により、ムダな運転を抑制

■設定温度範囲を制限

リモコンによる温度設定の上限・下限を設定する機能。リモコンでの温度設定範囲を制限することで、冷やし過ぎ、暖め過ぎを抑え、省エネ推進をサポートします。

■操作ロック機能

リモコンからの操作を制限。「設定温度」「運転モード」の誤操作による変更を抑制します。

■設定温度を自動復帰

設定温度を変更して一時的に冷暖房を強めても、自動復帰時間を設定しておけば、自動的に初期設定温度に戻り、冷やし過ぎ・暖め過ぎを抑制します。

■消し忘れ防止タイマー機能

運転開始から一定の時間が経過すると自動的に運転を停止する機能。
設定時間は30分〜24時間まで設定可能です。