ページの本文へ

Hitachi

日立アプライアンス株式会社

R407Cを採用。凝縮器にプレート式熱交換器を採用し省冷媒化。(1220〜2500型)

環境への配慮

設備用水冷式パッケージエアコンの代替冷媒化に対応。
(R407Cの採用)
凝縮器にプレート式熱交換器を採用し省冷媒化(1220〜2500型)

<ご注意>
プレート式熱交換器にゴミ、砂などの異物が入り込まないように、冷却水入口配管には必ずストレーナ(20メッシュ相当)を取り付けてください。また、水質によってはスケールの付着や腐食する可能性があり、定期的な薬品洗浄をするなどの水質管理や点検を行う必要があります。

制御機能の充実

遠方発停機能
レベル信号または2パルス信号(いずれも無電圧)によりエアコンの発停が可能。
ルームサーモまたはサーモセンサー(THM-R2A)の接続が可能。
リモコンによる遠隔操作
リモコン(オプション)を追加するだけで遠隔操作が可能。
(1220〜2500型)

リモコンスイッチに関する説明

瞬時停電復帰機能(2秒以内)を標準装備。
なお、停電自動復帰は機能選択可能。
デマンド信号により圧縮機を選択して強制停止が可能。
運転・警報・運転状態の各信号取出しが可能。
余熱排除は機能選択可能。(160〜1000型)
(電気加熱器による暖房運転時・冷房再熱運転時)
圧縮機の頻繁なON/OFF運転をガード。
3分間のON・OFFガードを標準装備。
低負荷運転時の凍結防止制御機能。
(アラーム停止することなく圧縮機を自動発停)

保守・メンテナンス性

捕集能力をアップしたロングライフフィルターを標準装備。
(160〜1000型)
表示灯(LED)の点滅による故障モードを表示。
(圧縮機ごとの表示)
圧縮機の自動ローテーション機能(500〜1000型)
圧縮機の運転時間の平準化。なお、高圧圧力による冷却水制御のため、機能選択により解除可能。
圧縮機故障時のバックアップ機能(500〜1000型)
一つの圧縮機が故障停止した場合、自動的に他の圧縮機がバックアップ運転。
圧縮機のオーバーホール時間を40,000時間
(または5年)ごとに延長。(1220〜2500型)