ページの本文へ

Hitachi

日立アプライアンス株式会社

エコ・アイスmini R410A

省エネ性能

冷房時(夏季)は消費電力低減

夜間に氷を作り、蓄熱利用することで消費電力の低減ができます。

冷房時運転パターン

*
蓄熱運転は、深夜1時から早朝6時の5時間で完了します。
それ以外の時間帯ではフレキシブルな空調運転が可能です。

暖房時(冬季)の快適性向上

暖房時の除霜には夜間蓄熱した温水を利用し、除霜性能を向上しました。

暖房時運転パターン

*
蓄熱運転は、深夜1時から2時の約1時間で完了します。
蓄熱は除霜の熱源として利用しますので、除霜性能が向上し、快適空調が実現できます。

■システム例

システム例

蓄熱量アップで性能向上

冷暖蓄熱量を従来の95MJ(R407C製品)から115MJにアップし、昼間に利用する氷の量の増加により、空調性能を向上させました。

タンデムコンデンサー方式を採用

タンデムコンデンサー方式は、蓄熱ユニットと室外ユニットで冷媒を凝縮させ、能力の増加と消費電力の低減を図るシンプルな冷凍サイクルです。

タンデムコンデンサー方式イメージ図

レイアウト対応力

コンパクトな室外ユニットと蓄熱ユニット

建物の密集した地域にも導入しやすいよう、蓄熱ユニットのコンパクト化を図りました。奥行きは620mmと薄く、室外ユニットの奥行きの必要寸法とほぼ同じにしました。

多彩な空間に対応するシステム構成

室内ユニットは3台までの同時運転ができ、異タイプの組み合わせも可能です。多彩な空間ゾーンやインテリアなどさまざまな設置条件に合わせて選べます。

*
ゆかおきタイプとの異タイプ組み合わせはできません。

システム構成

低運転音

夜間も低運転音

蓄熱運転時の室外ユニット運転音は、全相当馬力共通で43dB(A)。夜間も低運転音です。

室外ユニット型名
(システム相当馬力)
112型
(5.0)
140型
(6.0)
160型
(7.0)
蓄熱時運転音〔dB(A)〕
( )は低騒音運転時
43(41)
冷房時運転音〔dB(A)〕
( )は低騒音運転時
45(41) 47(43) 48(44)
*
上記運転音は、音圧レベルの値です。