ページの本文へ

Hitachi

日立アプライアンス株式会社

既設配管(R22)を洗浄レスでそのまま再利用可能

既設の配管を流用できるので、工事時間とコストを低減できます。
【既設配管流用時の条件】
下記の条件を満たせば、洗浄レスで既設配管の流用が可能です。施工手順や注意事項については、必ずカタログをご確認ください。

*1
配管長(総長)が50mを超える場合は、配管洗浄を実施していただくことで既設配管の流用が可能です。なお、この場合の配管長はP.280によって許容範囲を確認してください。
(洗浄を実施した場合は、リニューアルキットは取り付け不要です。)

●既設エアコンの撤去時は、フロン回収が義務づけられております。

〈既設エアコンが他社製品の場合〉

● 上記条件を満たせば、既設エアコンが他社製品でも既設配管が利用できます。
● ツイン・トリプル・フォー機の分岐管は、当社指定の分岐管に変更してください。
● 既設エアコンがガスヒートポンプの場合は、配管洗浄を行ってください。

リニューアルキットを使うことで、洗浄レスで配管流用できます。

条件を満たした既設配管に限ります。

40〜335型クラスでは、圧縮機が故障して動かない場合でもリニューアルキット(別売)を使用することにより、洗浄レスで既設配管の 流用が可能です。リニューアル時の施工作業の手間を軽減できます。なお、故障履歴があっても圧縮機が運転できる場合は、リニュー アルキットなし、かつ洗浄レスで既設配管を利用できます。

リニューアルキット型式

リニューアルキット
室外ユニット機外取付け
[短管(現地)+キット+既設配管]
室外ユニット機内取付け
[キット+既設配管]
省エネの達人
プレミアム
40〜63型 TRF-NP63S
80型 TRF-NP160S
112〜160型 (TRF-NP160S) TRF-NP160U
224型 TRF-NP280U
280・335型 TRF-NP335U1
省エネの達人 40〜63型 TRF-NP63S
80・112型 TRF-NP160S
140・160型 (TRF-NP160S) TRF-NP160U
224型 TRF-NP280U
280・335型 TRF-NP335U1
冷房専用機 40〜63型 TRF-NP63S
80〜160型 TRF-NP160S
224型 TRF-NP280U
280・335型 TRF-NP335U1
寒さ知らず 80〜160型 (TRF-NP160S) TRF-NP160U
(注1)
リニューアルキットは液・ガス配管セットとなります。
(注2)
型式に( )がついている箇所は、「室外ユニット機外取付け」よりも「室外ユニット機内取付け」を推奨していることを示します。

スイッチの切り替えで2通りの連絡配線方式に対応

室内・室外ユニットのスイッチ切替えで、e-LINE方式にもH-LINK U方式*2にも対応できます。

*2
H-LINK U方式について詳しくはこちらをご覧ください。

■ 連絡配線方式

*
個別トリプルおよび個別・同時フォー接続の場合は、e-LINE接続はできません。
*
e-LINE方式で集中制御H-LINK Uと接続する場合は、弊社営業窓口までお問い合わせください。
*
2線式・3線式切替スイッチは、室内ユニットおよび室外ユニットの両方を設定してください。   また、切替スイッチは制御基板上に配置しています。(機種によりSW1が不付のものは、e-LINE/H-LINK 自動判別のため、設定は不要です。) 漏電遮断器は必ず高調波対応品をご使用ください。高調波対応品でない場合には誤作動をする恐れがあります。