ページの本文へ

Hitachi

日立アプライアンス株式会社

フロン排出抑制法について

フロン排出抑制法について

地球温暖化への対策強化のため、フロン類を冷媒として使用している業務用冷凍空調機器について、ライフサイクル(フロン類の製造〜使用〜廃棄まで)の各段階のすべての当事者による適正化を促す措置が法制化されました。
本法律は業務用冷凍空調機器の管理者(ユーザー・使用者)に対してのフロン類に使用の合理化や管理の適正化も求めております。また、点検・整備時のフロン類の充填は業規制の対象となり、都道府県知事への登録が必要となります。

フロン排出抑制法関連情報

  タイトル
対象機器情報の検索 フロン排出抑制法管理システム

フロン排出抑制法の対象機器別に点検種別・点検頻度・圧縮機出力・冷媒種類・出荷時封入量をご確認いただけます。
*
「検索対象機器」は業務用エアコン、チラーユニット、冷凍機、環境試験装置になります。
フロン排出抑制法で義務付けられた、機器の点検・整備履歴の記録・保存、フロン類漏えい量の算定・報告の管理業務をサポートするシステムです。利用に際しましては事前契約(有償)が必要になります。
(IDとPWが必要です。)
 





電話によるお問い合わせ
0120-083-889
【受付時間】
9:00〜12:00 / 13:00〜17:00
(土日祭日を除く)
<携帯電話からも可>
電話によるお問い合わせ
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。