ページの本文へ

Hitachi

日立アプライアンス株式会社

床置タイプ(インバーター型)
<冷却機能付機>

小容量の1.3kW(2馬力相当)機種をラインアップ。
インバーター制御により、新設時にもリニューアル時にも、幅のある除湿負荷条件で使用ができ、 省エネ性も向上*1しました。
また、冷却機能付機なので、室内の温度上昇を抑制することができます。

*1
年間消費電力量(日立基準による試算値)を指標値として、日立現行機(定速型)との比較によるものです。(新型機:RK-NP8LTV[50Hz] 21,495kWh/年、   現行機:RK-NP8LT2[50Hz] 26,287kWh/年)

*2
プレナムチャンバーは、オプション部品になります。

■製品ラインアップ

型式
室外 RK-NP2LTV RK-NP4LTV RK-NP8LTV
圧縮機出力 kW 1.3 2.5 5.8
相当馬力 - 2〜3 4〜5 8〜10
冷却能力 定格 kW 6.4 11.9 24.9
最大 10.3 16.2 33.5
除湿能力 定格 L/h 5.3 10.6 20.1
最大 8.2 16.5 26.3

主な特長

1.1ランク上の馬力相当能力を発揮

圧縮機の回転数をインバーター制御することにより、1ランク上の馬力相当の除湿能力・冷却能力を発揮します。そのため、新設時にもリニューアル時にも、幅のある除湿負荷条件で使用することができます。RK-NP2LTVでは2 〜3馬力相当の除湿能力・冷却能力、RK-NP4LTVでは4〜5馬力相当の除湿能力・冷却能力、RK-NP8LTVでは8〜10馬力*3相当の除湿能力・冷却能力に対応します。

■再熱除湿運転時

●RK-NP2LTVの場合(2〜3馬力相当)

●RK-NP4LTVの場合(4〜5馬力相当)

●RK-NP8LTVの場合(8〜10馬力相当)

*3
現行機RK-NP10LT2(60Hz)の除湿能力は除く。
*4
除湿能力は、吸込空気温度25℃、相対湿度80%(外気温度30℃)で運転した場合。 
*5
2002年製の日立定速型を示します。

冷却除湿運転時

●RK-NP2LTVの場合(2〜3馬力相当)

●RK-NP4LTVの場合(4〜5馬力相当)

●RK-NP8LTVの場合(8〜10馬力相当)

*6
冷却能力は、吸込空気温度25℃、相対湿度80%(外気温度30℃)で運転した場合。
*7
2002年製の日立定速型を示します。

2.省エネ性の向上

室内の除湿負荷の変動に応じて、圧縮機の回転数をインバーター制御し、除湿能力を調整します。
そのため、定速型と比較して、設定湿度に対して効率的な運転を行うため、消費電力量を低減することができます。

■省エネ試算例(年間消費電力量)〈再熱除湿運転時〉

●RK-NP2LTV

●RK-NP4LTV

●RK-NP8LTV

*8
現行機は定速型となります。

【試算条件】

設定湿度:45%
対象空間:倉庫
広さ:2〜3馬力の場合:600m3
   4〜5馬力の場合:1,500m3
   8〜10馬力の場合:2,070m3
外気条件:2013年 気象庁データ 東京地区(50Hz)、大阪地区(60Hz)
換気回数:0.35回/時間
除湿負荷:倉庫内発生負荷なし、倉庫内外へ出入りする水分量を外気条件と換気回数より計算し、負荷とする。
除湿機運転時間:24時間/日

【試算方法】

倉庫内空気条件に応じて除湿能力・消費電力・排熱量・インバーター周波数を計算し、電力量と倉庫内の温湿度変化を3分ごとに計算。(2回目のサーモオフまで/相対湿度50%以上:サーモオン、45%以下でサーモオフ、但し、初回のサーモオンはパワフル除湿運転になります。)
上記で計算した電力量を1日分に換算し、日数を掛けて年間消費電力を試算。

3.選べる運転モード

『自動除湿』『再熱除湿』『冷却除湿』の3モードから、用途や温湿度条件にあわせた運転モードを選ぶことができます。*9

*9
現行機RK-NP2〜10LT2は『湿度優先(再熱除湿運転/冷却除湿運転/送風運転)』『温度優先(冷却除湿運転/送風運転)』の2モードとなります。
選べる運転モード
『自動除湿』モード 設定した温度/湿度に向けて、インバーター制御により除湿能力を調整しながら、再熱除湿運転、冷却除湿運転または送風運転を自動で行います。
(注)本除湿機に暖房機能や加湿機能はありません。また、再熱除湿運転時には、再熱抑制機能を追加し、室温の変動を抑えます。
『再熱除湿』モード 設定湿度に下がるまで再熱除湿運転し、設定湿度になると送風運転をします。
(注)本除湿機に加湿機能はありません。現行機RK-NP2〜10LT2には本機能はありません。
『冷却除湿』モード 設定温度に下がるまで冷却除湿運転し、設定温度になると送風運転をします。
(注)本除湿機に暖房機能はありません。

4.オプション部品の充実

正面吸込み用のフィルターボックスや背面吸込み用のダクトセット、高性能フィルターなどの豊富なオプション部品をラインアップしました。

5.施工・サービス性の向上

(1)プレナムチャンバーの施工性向上

プレナムチャンバー(オプション部品)の改良により、従来必要だった現地での組み立て作業が不要となり、取付作業のみ となりました。

(2)Vベルトの張り調整・交換作業不要

送風機とモーターの直結化により、Vベルトの張り調整や交換作業、 プーリー間の芯合わせ点検作業が不要となります。

(3)ドレンパン清掃の容易化

奥まで見やすい構造としたことで、ドレンパンの清掃が容易になりました。

(4)ドレントラップの施工

ドレン配管の接続位置を高くしたため、 ドレントラップの施工が容易です。

(5)施工後の廃棄物削減

フォークリフト用の角穴の採用により、 施工時に排出する梱包材を削減しました。

6.セルフデマンド機能搭載

圧縮機の運転電流を自己検出してデマンド制御を行います。 電力設定値を超える範囲の消費電力をカットし、最大電力の抑制に貢献できます。

*
小型天吊タイプは、多機能リモコン(オプション部品)が必要となります。

■セルフデマンド機能

■ウェーブモード

約20分と約10分間隔で、交互にデマンド制御のONとOFFを繰り返すウェーブモードを搭載しています。 消費電力量を低減しながら、湿度変化を最小限に抑えることが可能です。

【注意事項】

*
セルフデマンド機能・ウェーブモードはお客様では設定できません。販売店にご依頼ください。
*
電力設定値(%表示)は、あくまでも目安値です。本制御で使用する値は電流からの演算値を使用しているため、電力計の値とは精度が異なります。最大電力を精度良く管理する必要がある場合や、電力会社との契約電力をデマンドコントロールする場合には、専用のデマンドコントローラー(市販品)をご使用ください。
*
上記デマンド設定をした場合、圧縮機の回転数を強制的に下げるため、能力は設定値に応じて低下します。
*
運転制御状態(保護制御など)によっては、一時的に表示値よりも高くなる場合があります。
*
本機能は最大電力(30分平均)を抑制する制御です。漏電遮断器、トランスなどの電源回路・電源配線の容量を小さくする目的でのご使用はできません。遮 断器作動・機器故障の原因となりますのでご注意ください。

7.運転温度範囲の拡大

運転可能な吸込空気温度の上限を40℃から45℃まで拡大しました。*10そのため、高温高湿な部屋の除湿用途にもご使用できます。

*10
RK-NP2〜10LT2(現行の日立定速型)の上限温度は、40℃です。

8.操作パネルの多機能化

パワフル除湿(急速除湿)

パワフル除湿スイッチ*11を押すと、設定湿度に到達するまでインバーター制御により圧縮機の回転数を最大にして運転します。搬入・搬出時で継続的に扉が開いているときなどの、室内の除湿負荷変動が大きい場合に対応することができます。

■設定湿度までの到達時間(RK-NP4LV1、50Hz)【試算値】

試算条件および試算方法

【試算条件】

設定湿度:45%
対象空間:1,500m3の倉庫
換気回数:0.35回/時間
外気条件:2013年 気象庁データ 東京地区(50Hz)
除湿負荷:倉庫内発生負荷なし、倉庫内外へ出入りする水分量を外気条件と換気回数より計算し、負荷とする。

【試算方法】

倉庫内空気条件に応じて除湿能力・消費電力・排熱量・インバーター周波数を計算し、倉庫内の温湿度変化を3分ごとに計算。

*11
パワフル除湿は、外部入力端子を使用して遠方からの入/切も可能です。
操作パネルにフルドット液晶を採用

●フルドット液晶の採用により、数字・文字・マークが読み取りやすく、運転・操作状態がひと目でわかります。
●操作ボタンを押すとバックライトが点灯。操作時の画面がより見やすくなります。特に、暗い室内での操作に便利です。
●運転ボタン全面が緑色に発光するので、運転中か停止中かがひと目で分かります。

●かんたんタイマー機能
除湿機の運転・停止が簡単にできます。タイマー動作は、『1回』『毎回』の2パターンで選択ができます。さらに細かく設定したい場合は、スケジュール機能をご利用ください。

節電サポート機能

●運転スケジュールの管理に対応

運転・停止・設定温湿度について、曜日ごとに1日最大2パターンの時間帯でスケジュール管理ができます。また、節電機能もスケジュール管理ができます。

●消費電力量・使用量表示

操作パネル画面に除湿機の消費電力量・CO2排出量を表示します。表示は1日・1週間・1年単位でグラフ/リストの表示が可能です。

豊富な節電機能*12
*12
以下の3つの制御は同時に使用できません。

除湿能力制御

2つの節電モードが可能に。

●ピークカットモード

電力設定値を超える範囲の消費電力をカットし、最大電力量の抑制に貢献します。

*
電力設定値(%表示)は、あくまでも目安値です。本制御で使用する値は電流からの演算値を使用しているため、電力計の値とは精度が異なります。
*
上記ピークカットモードを設定した場合、圧縮機の回転数を強制的に下げるため、能力は設定値に応じて低下します。
*
運転制御状態(保護制御)などによっては一時的に表示値よりも高くなることがあります。
*
本機能は最大電力(30分平均)を抑制する機能です。漏電遮断器、トランスなどの電源回路・電源配線の容量を小さくする目的でのご使用はできません。

●おさえめモード

除湿能力を常に設定値に抑えて運転し、節電に貢献します。

*
おさえめモードの設定値は、設定しない状態の能力の100%から40%まで10%刻 みで設定可能です。
*
設定値は、あくまでも目安です。実際の使用条件・運転状態により変動することがあります。

間欠運転制御

除湿運転と送風運転(サーモオフ)を一定間隔で繰り返す制御で、消費電力を抑制します。

9.複数台運転制御

操作パネル(1台)で、最大10台までの除湿機を同時に複数台運転・制御することができます。以下の配線要領に従って、正しく配線を行ってください。

●配線要領

*
異なる製品シリーズや再熱専用機と冷却機能付機を組み合わせた複数台運転制御はできません。
*
インバーター型と定速型や、異なるタイプを組み合わせた複数台運転制御はできません。
*
号機設定要領は機種により異なりますので、詳細については据付点検要領書をご確認ください。
*
1〜9号機は、運転ランプなどは点灯しませんので、別途、運転表示灯(現地準備品)を取り付けるなどの検討をしてください。

10.ペアリモコン接続制御

リモコン(ペアリモコン用<別売品> )と除湿機を接続することにより、離れた場所でも運転/停止、温度設定などの操作が可能です。また、異常表示などの表示も確認ができます。

●配線要領

*
異なる製品シリーズや再熱専用機と冷却機能付機を組み合わせたペアリモコン接続制御はできません。
*
インバーター型と定速型や、異なるタイプを組み合わせた複数台運転制御はできません。
*
号機設定要領は機種により異なりますので、詳細については据付点検要領書をご確認ください。
*
リモコンの基板上にあるディップスイッチにて、「親」「子」リモコンを設定してください。設定方法の詳細は、リモコン(ペアリモコン用)に付属の取扱説明書をご参照ください。リモコン(ペアリモコン用)は工場出荷時には、「子」リモコンに設定されています。(定速型のみ)

11.防食塗装の標準化(室内ユニット)

熱交換器で腐食影響の大きい蒸発器のヘアピン管(両側面)の防食塗装*13を 標準対応しました。さらに耐食性に優れたカチオン電着塗装は特注対応仕様となります。(ただし、防食塗装といえども万全ではありませんので、設置後のメンテナンスには十分留意してください。)

*13
アクリル系樹脂クリア塗装