ページの本文へ

Hitachi

日立アプライアンス株式会社

省エネルギーに貢献するインバーター制御

負荷追従運転で省エネルギーに貢献

冷凍負荷の変化に対応して、圧縮機の回転数をインバーター制御。
蒸発温度を必要以上に下げることなく運転するので効率的。
また蒸発器への着霜が減り、除霜時間・回転数が削減できるため、安定した温度管理がしやすくなります。

庫内温度の変化イメージ図

■省エネ試算例 [ 5馬力の場合(50Hz) ] (年間消費電力量:kWh)

KX-N5AVP 省エネ試算例

■省エネ試算例 [ 20馬力の場合(50Hz) ] (年間消費電力量:kWh)

KX-NM20AVP 省エネ試算例

*
省エネ試算例は当社「冷蔵ショーケース用システム提案ソフト」による試算結果です。実際には、ショーケースの機種・使用環境・設定条件および運転状態によって異なります。

■運転容量制御

運転容量制御

ニーズに合わせて選べるR410Aインバータースクロール冷凍機

冷凍・冷蔵用 ― 屋外設置型 1.5kW(2馬力)〜6.0kW(8馬力)

■新型高効率スクロール圧縮機の開発と過冷却器の採用、凝縮器性能の向上によりCOPの向上を図りました。

COP比較

*
R404A機のグラフが無いものは該当機種がありません。

冷凍・冷蔵用 ― 屋外設置型 7.0kW(10馬力)〜25.0kW(40馬力)
         空冷リモコン型 3.7kW(5馬力)〜25.0kW(40馬力)

■高効率スクロール圧縮機と過冷却器の採用、凝縮器性能の向上によりCOPの向上を図りました。

屋外設置型

空冷リモコン型

*
R404A機のグラフが無いものは該当機種がありません。

■応急運転対応

インバーター回路故障時、商用電源運転(手動切替え)を行い、インバーター制御回路を使用せず、直接圧縮機を稼働させ応急運転を行います。

冷蔵用 ― 屋外設置型 4.5kW(6馬力)・5.2kW(7馬力)・6.0kW(8馬力)

■冷蔵用高効率スクロール圧縮機と過冷却器の採用により、COPの向上を図りました。

冷蔵用 ― 屋外設置型 11.2kW(16馬力)〜29.2kW(40馬力)

■冷蔵用高効率スクロール圧縮機と過冷却器の採用、凝縮器性能の向上によりCOPの向上を図りました。

高温用 ― 屋外設置型 14.8kW(20馬力)・22.2kW(30馬力)

■高効率スクロール圧縮機と過冷却器の採用、凝縮器性能の向上によりCOPの向上を図りました。

ワーニング機能を採用

冷凍機が使用範囲を超える運転となっている場合、点検していただくためにワーニング機能を採用しました。
(制御基板にセグメント表示するとともに外部接点への出力もできます。)





項目 目的 点検内容
吸入ガス過熱度不足 液バック運転防止
  • 吸入ガス過熱度調査
  • 低圧機器側膨張弁の点検・調整
吐出ガス過熱度不足 圧縮機駆動部冷凍機油粘度確保
  • 吸入・吐出ガス過熱度調査
  • 液インジェクション回路点検
  • 低圧機器側膨張弁の点検・調整
吐出ガス温度過熱異常
(マルチ冷凍機搭載一定速圧縮機のみ)
圧縮機モーター過熱保護
  • 吸入・吐出ガス温度調査
  • 液インジェクション回路点検
  • サイトグラス点検(フラッシュガスの有無)
  • 低圧機器側膨張弁の過熱度点検・調整
外気温度異常
(屋外設置型のみ)
ショートサーキット運転防止
  • 凝縮器吸い込み温度調査
  • 製品の据付状態点検(ショートサーキットの有無)
圧縮機発停回数異常 ショートサイクル運転
(頻繁な起動・停止)防止
  • 吸入ストレーナー点検(詰まり調査)
  • 低圧機器側膨張弁の点検・調整
  • 設定圧力値の確認・調整