ページの本文へ

Hitachi

日立アプライアンス株式会社

INTERVIEW 社員インタビュー

事業企画

津坂 明宏 AKIHIRO TSUSAKA

事業企画本部 ユーティリティ事業企画部 洗濯機グループ 部長代理 1992年入社
経済学部 経営学科卒

将来の洗濯機の方針を決める
責任とやりがいを感じています

Q. 入社の動機を教えてください。

A.
実体が見えるものに携わりたかったんです。

大学時代にメーカーを対象にした経営関係のゼミに所属していたため、その頃からメーカーという業種には関心がありました。そしていざ就職となった時、当時人気のあった金融や保険のような目に見えない商品を扱うよりも、実体が見えるものに携わる仕事がしたいと思ったんです。さらに、学んでいたメーカーという業種もちょうどその希望に合うなと。身の回りには家電もたくさんあって、これを扱うメーカーもあるんだよなと考えていたところで、たまたま大学の先輩から日立をおすすめされました。冷蔵庫などの白物家電だったら売れ行きなどもすぐ分かって面白そう、やりがいがありそうと思い試験を受けることにしたんです。

Q. 入社してからの仕事を教えてください。

A.
事業企画として、工場と営業を先導しています。

入社後は事業企画部に配属されました。 作る人である工場と売る人である営業の間を取り持ち、先導するのが仕事です。例えば、まず事業企画から工場に製品のコンセプトを伝えます。そしてそれを作ったら次は営業に販売方法やターゲットを指示するんです。こういった先導を上手くおこなうことで、統制の取れた事業展開をめざす部署です。入社後洗濯機を担当しているのですが、最初の仕事は生産量の予測や指示でしたね。今は将来的な市場の規模や需要、製品カテゴリごとの投入方法などの予測・検討もしています。間を取り持つ仕事なので、一番最初はものが実際にどう作られ、お客さまのところへ届くのかを知ることも重要でした。また、入社2年目から2年間工場で経理を経験させていただいて、お金の流れを勉強できた上、人とのネットワークも作れたのがとてもよかったと思います。

津坂 明宏

Q. 仕事のやりがいはなんですか?

A.
将来の洗濯機の方針を決めていることです。

現在、事業企画で部長代理になりました。洗濯機は20年以上続けて担当しています。事業企画は、事業としてどっちに向かうかを決めるところなので、中途半端な決断だとダメなんです。仕事って100%成功するとは限りませんよね。当然失敗もするし、失敗したらそこを反省して早く立ち直らなければならない。何を決断するにしても、ある程度ロジックを作って、いろいろな関係者に説明しなければならないと思っています。だから大切なことは、結論を出すときの情報収集と分析ですね。僕が担当しているのは洗濯機の事業。つまり将来の洗濯機、うちの会社としての洗濯機の方針を決めているんですね。僕は会社の一事業の行く末を決めているんだと思うと、やりがいを感じますね。

Q. 入社して成長したと思うことは?

A.
物事の全体を大きく見るようになりました。

入社したころの自分と今の自分を比べると、一番変わったのは物の考え方ですね。全体を見ることができるようになったと思います。例えば、何かをするにあたって、以前はそれだけに集中してしまい周囲を見ずに物事を進めていました。それが、経験を重ね、仕事に慣れてくると、最終目標に関連する組織や人などいろいろなことを少しずつ気にすることができるようになりました。

津坂 明宏

Q. 今後の目標は?

A.
海外市場に目を向けていきたい。

今は、基本的には業務が国内の洗濯機です。どの業界でもそうですが、日本は今後どんどん人口が少なくなっていて、市場のパイが小さくなっていくんですよね。当社もいろんな商品に力を入れていますが、中でも海外市場はこれからまだまだ伸ばせると思います。海外向けのチームがうちの部署にもいるので、そこと連携を取りながら、海外の方もこれから見ていきたいですね。国内も大事ですが、もうちょっと海外に目を向けたいというのが当面の目標ですね。

これまでのキャリアパス

1992年、新卒入社。事業企画部(愛宕)の洗濯機担当として販促を担当。入社2年目以降、多賀工場・経理部で経理実習。製品のコストの成り立ちを学び、また工場内での人脈形成に励む。入社4年目に愛宕本社へ戻り、洗濯機の事業企画業務に携わる。入社8年目に日立家電出向、大手量販商社との商談担当で売りの現場の大変さを経験し、その後現在に至る事業企画業務にてそれらの経験を生かす。

キャリアパス キャリアパス
≪タップして拡大≫

仕事の1日のスケジュール

8:30 出社、メール確認
9:00 売上チェック
10:00 資料作成、社内打合せ
12:00 ランチ
13:00 資料作成、社内打合せ
19:00 退社

オフの楽しみ

オフの楽しみ

週に1回、10kmくらいジョギングをしています。続けていたら痩せてきて、体調もとてもいいですね。

日立アプライアンスの魅力

会社と製品の成長を身近で感じていられること。

日本の市場でそれなりの地位を築き知名度もあり、日本の国民のみなさんに認知されているメーカーです。
自分の携わったものが目に触れる機会
も多く、働きながら会社の成長を身近に感じられるところがいいところですね。

Message

人のネットワークは絶対に大事にしてくださいね。
いろいろ便利な世の中ですが、「相手と直接話す」ということを意識してほしいです。

社員インタビュー

設計開発

品質保証、生産技術(金型設計)、生産技術(試作開発)

営業、空調ソリューション職種

商品企画、事業企画、情報システム、資材調達、生産管理