ページの本文へ

Hitachi

日立アプライアンス株式会社

INTERVIEW 社員インタビュー

空調ソリューション職種

舟津 敏弘 TOSHIHIRO FUNATSU

空調サービスシステムエンジニアリング本部 東日本システムエンジニアリング部 営業グループ 主任 1997年入社
経済学部・経営戦略論専攻卒

自社のプロジェクトを通じて
医療の発展に寄与できる実感

Q. 入社の動機を教えてください。

A.
家業に関係する業種で経験を積みたかったからです。

父親がかつて冷蔵ショーケースの製造業を営んでいたため、冷蔵関係の製品を扱っている日立アプライアンスに入社して経験を積み家業を復興したいと夢見ていました。今はそんなこと全く考えていませんが・・・・・・。

Q. 入社してからの仕事内容を教えてください。

A.
クリーンルームや冷凍冷蔵システムの営業を行っています。

自社製品を用いたシステムエンジニアリング営業です。製薬・食品・印刷・半導体などの業界を対象に、クリーンルーム(バイオ・半導体)、冷凍冷蔵システム、工業空調などのソリューションを提供しています。営業が担当するのは、マーケティング、提案、交渉、契約に至るまでの一連の業務です。また、設計部門や施工部門との全体コーディネイトも営業の重要な業務です。

舟津 敏弘

Q. 今担当している仕事とそのやりがいを教えてください。

A.
自社のソリューションを通じて医療の発展に寄与できること。

再生医療プロジェクトに従事し、主にCPCと呼ばれる細胞加工施設用クリーンルームのトータルエンジニアリングを展開しています。再生医療は病気やケガで機能不全となった組織や細胞を再生させる医療であり、世界に先駆けた法改正と細胞製品の進化により、2030年には国内市場でも1兆円規模まで拡大が予想されている注目市場です。
自社のソリューションを通して、医療の発展に寄与できていることがダイレクトに感じられ、大変やりがいがあります。

Q. 入社して自分が成長したと思えるのはどんなことですか?

A.
幅広い人と接する中で、物事の本質が見えるようになった。

BtoBの直需営業(※)を行っていることから、さまざまな業種の方々や海外の方とも接してきたため、「お客さまが本当に欲しいものは何か」「どうしたら一番良いのか」など、「物事の本質」が見えるようになったのが大きく成長したところです。若いときは本質が分かっていないため失敗も多かったのですが、本質を見抜こうと努力をして分かりだしてからは、顧客はもちろん他部門とのコーディネイトも説得力が増して契約及び顧客が拡大しました。

※直需営業:代理店や卸を通さない形態

舟津 敏弘

Q. 近い将来の目標や夢を教えてください。

A.
自社の事業で患者様や介護されている方の助けになりたい。

自社ソリューションで再生医療業界に寄与して、病気で苦しんでいる患者様や介護で大変な思いをされている方々をできる限り多く助けられればと考えています。
かつては顧客の拡大などしか考えていませんでしたが、震災復興や再生医療に従事した経験から、自分の仕事が社会に貢献していると感じ、最大のモチベーションとなりました。今後も、より多くの社会貢献を果たす仕事を増やしていきたいです。

これまでのキャリアパス

1997年、新卒入社。関東地区のシステム工事営業担当として、当時の施設本部第二営業部(現在の東日本システムエンジニアリング部)に配属。
主な業務内容は特殊ソリューション(クリーンルーム、工業空調、冷凍冷蔵)の営業及びマーケティングであり、担当顧客及び業界は製薬・食品・印刷・半導体など多岐に渡る。入社1年目は大半が研修及び工事現場実習であり、2年目より本格的に担当業務に従事。以降、入社13年目まで失敗を糧にすることにより多くの大型契約や顧客の拡大に成功。2011年の東日本大震災より社内の東北復興プロジェクトメンバーに抜擢され、約2年間に渡り、被災企業への各種システムの復興支援を担当。2013年より東京に戻り、現在は再生医療プロジェクトを担当し、細胞培養施設のトータルエンジニアリングなど日立グループ連携を推進し、再生医療業界の発展をめざしている。

キャリアパス キャリアパス
≪タップして拡大≫

仕事の1日のスケジュール

8:00 出社、メールチェック、プレゼン資料及び見積もり作成
12:00 外出、顧客企業近くでランチ
13:30 顧客企業にてプレゼン
15:30 喫茶店にてメールチェック
17:00 再生医療交流会へ参加、顧客及び関連企業と情報交換会実施
20:30 帰宅

オフの楽しみ

オフの楽しみ

冬山遊びが好きです。昔はモーグルやキッカーで遊んでましたが、最近はもっぱらパウダー狙いです。

日立アプライアンスの魅力

グループが一体となって、循環型ビジネスを展開できること。

まず、製造・施工・サービスがグループで一体となっているため、売り切り型ではない循環型のビジネスを展開している点が魅力です。
次に、日立グループという連携を活かして、グループ内でのソリューション展開、ネットワークの活用を図れることも大きなメリットです。
また、日立アプライアンスは個人の裁量で営業展開を立案して実行できるなどチャレンジしやすい環境が整っていると思います。
もちろん、営業展開の策定には上司のチェックが入り実現可能な内容になるまでブラッシュアップするので、失敗しても個人の責任になるようなことはありません。

Message

どんな仕事でも共通していることだと思いますが、「物事の本質を考えること」「受動的でなく能動的に動くこと」、この二つを心構えとして持っている方は成功できると思います。日立アプライアンスはチャレンジできる環境が整っていますから、こういう心構えを持っている方と一緒に働き、会社を成長させて社会貢献を果たしていきたいです。

社員インタビュー

設計開発

品質保証、生産技術(金型設計)、生産技術(試作開発)

営業、空調ソリューション職種

商品企画、事業企画、情報システム、資材調達、生産管理