ページの本文へ

Hitachi

日立アプライアンス株式会社

INTERVIEW 社員インタビュー

生産管理

磯田 英輝 HIDEKI ISODA

多賀家電本部 生産管理部 家電生産管理グループ 2010年入社
社会科学部 社会科学科卒

失敗は成功のもと
失敗をおそれずに挑戦しよう

Q. 入社の動機を教えてください。

A.
人の生活を、豊かで快適にできる仕事をしたいと思いました。

「人が豊かで快適な生活を送れるようにサポートする仕事をしたい」そう考えて就職活動をしていました。中でも日立アプラインスに興味をもったのは、生活に関わりが深い家庭用電化製品、街やオフィスで必要な照明機器など、多くの身近な商品を提供している会社だったからです。
しかも、日立の製品は日頃から使っていて馴染み深く、このような日常に欠かせない商品を多く提供している会社ならば、人々の生活を豊かで快適にできると考え、入社を志望しました。

Q. 入社してからの仕事内容を教えてください。

A.
全国のお客さまへ在庫をきらすことなく、製品を届ける事が私の仕事です。

入社してから5年半の間、電子レンジとジャー炊飯器の生産管理をしていました。日本国内とタイの生産拠点から全国のお客さまへ、スムーズに製品が届くようにすることが私の役割です。 日々、営業と工場の間に立ち、需要に合わせて工場の生産調整をし、在庫管理をしながら、全国への出荷手配をしていました。特に海外で生産しているレンジに関しては、コンテナの納入等、輸出の手配に時間がかかるので、供給遅れが起きないように注意が必要でした。
現在は担当製品が変わり、掃除機の生産管理をしています。

磯田 英輝

Q. いま担当している仕事とそのやりがいを教えてください。

A.
これから取り組む新しい仕事に新鮮さを感じています。

2016年1月から掃除機の生産管理の担当に変わったばかりです。 出荷手配や生産リードタイムの特性など、生産管理を行う上でのポイントが製品や生産拠点毎に異なり、担当製品が変わる事で、これから取り組んでいく新しい仕事として新鮮さを感じます。
また、部署が変わったことで、新たな仲間との交流が広がり、とてもやりがいを感じています。

Q. 入社して自分が成長したと思えるのはどんなことですか?

A.
コミュニケーション能力が向上したと実感しています。

以前は先輩や上司に聞きながら進めていた作業を、いつのまにか自分が後輩に教える立場に変わっているということに自分の成長を感じました。 また、コミュニケーション能力がとても向上したと実感しています。
生産管理のように、複数の部署の要望や状況を正確に把握し、妥結案に導くには、やはり高度なコミュニケーション能力が不可欠だと思います。

磯田 英輝

Q. 近い将来の目標や夢を教えてください。

A.
工場全体、市場全体の動きを把握したい。

一言で生産管理と言っても業務の幅は広く、製品ごとの特性や季節や時期によって変化する要素も多々あります。また、予期せぬトラブルが起きることもあり、お客さまに迷惑をかけることがないように、常に迅速な状況判断と対応が求められます。
電子レンジ、ジャー炊飯器での5年半の経験を活かし、掃除機はもちろん、工場全体、市場全体の動きを把握していきたいです。
生産管理部は、「営業と工場を結ぶコントロールタワー」だと言われています。私は日立アプライアンスのコントロールタワーを支える一人として、生産管理のスペシャリストとなり活躍する人材になっていきたいです。

これまでのキャリアパス

2010年、新卒入社。多賀事業所の調理家電担当として、生産管理部に配属。電子レンジ・ジャー炊飯器の生産管理業務に従事。入社2年目で電子レンジ・ジャー炊飯器の生産管理業務を一手に任される。入社6年目に掃除機担当となり、翌年新分野であるロボット掃除機の製品立上に携わる。

キャリアパス キャリアパス
≪タップして拡大≫

仕事の1日のスケジュール

7:40 出社、メール確認
8:15 課朝礼
8:45 日報作成(売掛・生産)
10:00 出荷計画
12:00 昼休憩
13:00 海外持帰り製品納入調整
15:00 製造現場、物流倉庫
16:00 打合せ
19:00 退社

オフの楽しみ

オフの楽しみ

休日を活用し、大学の同期とドイツ旅行に行った時の写真です。ミュンヘンでバイエルンミュンヘンの試合を観戦しました。スタジアムの迫力に圧倒されました!

日立アプライアンスの魅力

人に恵まれたアットホームな環境です。

日立アプライアンスは、ひとつの目標に向かってみんなで一緒にやろうという雰囲気がある、アットホームな会社です。自分一人では解決できない問題があるとき、フォローしてくれる人がたくさんいるという環境は、すごく自慢できます。

Message

新人だからといって失敗を恐れず、挑戦し続けて、そして、どんどん活躍してほしいです。
私も入社してからこれまで、たくさんの失敗をしてきました。今思えば、その失敗の一つ一つが自分を成長させてくれた機会であったと実感しています。
新しい環境に不安を覚えることもあるかもしれませんが、挑戦する意欲をもった方と、ぜひ共に仕事に取り組みたいですね。

社員インタビュー

設計開発

品質保証、生産技術(金型設計)、生産技術(試作開発)

営業、空調ソリューション職種

商品企画、事業企画、情報システム、資材調達、生産管理