ページの本文へ

Hitachi

日立アプライアンス株式会社

WELFARE 各種制度

教育

OJT & OFF-JTの両面で積極的に人材を育成

人材育成施策の充実は日立アプライアンスの特色の1つで、OFF-JTでは年間50近くの階層別・職能別研修を開催しているほか、日立グループの各種研修にも積極的に社員を派遣。また、海外の現地法人で業務経験を積む「海外業務実習制度」も強化しています。他方、OJTでは冊子「若手育成ワークブック」などを作成して、ノウハウを職場全体で共有化し、若手社員の育成・指導にあたっています。

入社1年目~2年目

入社1年目~2年目

入社3年目以降

入社3年目以降

50年の歴史がある「日立のケンロン」!

日立や日立グループ(一部)の会社では、総合職として採用された社員が主に入社2年目の終わりに、これまで自分が担当してきた業務に関する論文を書き、幹部をはじめ社員の前でプレゼンしています。これが研修員論文・研修員論文発表、略して「研論」と呼んでいる取り組みです。実はこの研修、実に50年以上も続いている日立の伝統。創業者で師弟の教育に大変熱心だったという小平浪平が作った「教育要綱」が起源で、昭和34年から続いています。この「研論」、通常業務との並行で進めるためかなりハード!先輩や上司も研論の大変さはよくわかっているので、アドバイスはするものの、後輩の成長のために時に熱く、時に厳しく指導することも忘れません。そのため、研論は当人だけでなく、先輩や上司たちのためにもなっているとも現場ではいわれています。実施は毎年2月下旬。研論シーズン直前には、研論に必死になる社員を先輩社員たちが一丸となってフォローするのも、毎年の恒例行事です。

福利厚生

ワーク・ライフ・マネジメント

日立アプライアンスでは、一人ひとりの個性を尊重することで、社員が持てる能力を最大限に発揮できる環境づくりをめざしています。 持てる能力を存分に発揮し、安心して仕事に取り組むためにさまざまな働き方を支える制度を用意しています。

仕事と育児の両立支援制度

従業員が仕事と育児を両立するため、さまざまな支援制度を導入しています。

仕事と育児の両立支援制度

生活をサポートする各種福利厚生制度

社員やご家族が安心して生活を送ることができるように、生活の基盤である住宅関係や中長期の財産形成を中心にさまざまな福利厚生制度を整えています。

  • 住宅支援

    住宅手当制度や寮・社宅制度によって皆さんの住居をサポートします。転勤などの際の住居の不安を解消する役割も果たしています。

  • 社員持株会

    皆さんの財産形成をサポートする制度として、給与や賞与からの積立で日立製作所の株式を無理なく簡単に購入できます。奨励金も支給されます。

  • 財形貯蓄

    将来の住宅資金や老後資金などのための貯蓄制度で、給与や賞与から定期的に金融機関に積立ができ、無理なく財産形成ができます。

  • 団体保険

    皆さんやご家族の万一の病気や怪我、介護に備えるために、会社が社員のために作った割安な保険です。

休日・休暇

完全週休2日制(土・日)を導入。年次有給休暇は24日請求することができ、これに祝日、年末年始休暇を合わせると、年間130日以上の休みをとることが可能となります。さらに、ファミリーサポート休暇として出産休暇・育児休暇・介護休暇・家族看護休暇・配偶者海外転勤休暇、公務・罹災対応休暇として、私傷病休暇・交通遮断休暇・キャリアサポート休暇としてリフレッシュ休暇・自己再開発休暇といった制度も利用できます。

勤務制度

1日の就業時間は実働時間7時間45分です。また、労働組合との協定により定められた対象部門、対象者は業務効率の向上のため裁量労働勤務やフレックスタイム制度、短時間勤務制度などの制度を利用することがきできます。

カフェテリアプラン

あらかじめ会社が用意した福利厚生メニューを、社員一人ひとりが一定のポイント(持ち点)の範囲内で、ニーズに合わせて自由に選択・利用できる制度です。また、育児・会議施設・外国語学校・通信教育、スポーツクラブ、宿泊施設、ゴルフ場などを割安な会員価格で利用できるシステムです。

福利厚生充実プラン

RECRUIT

日立アプライアンスへの入社をご検討いただき
ありがとうございます。
現在、新卒・経験者共に採用活動を行っております。
詳細の採用情報を知りたい方は募集要項をご覧ください。

  • 新卒募集要項新卒募集要項
  • LOGIN マイページはこちらLOGIN マイページはこちら
  • ENTRY エントリーはこちらENTRY エントリーはこちら
  • リクナビ2018
  • マイナビ2018